防犯性能の高い鍵の条件とは

display or montage on product

display or montage on product

錠前(カギ)の良し悪しを判断するには、どのような観点に注視するかによります。空き巣などによる「ピッキング対策」なのか、それとも「シリンダーの堅固性」なのか、「カギの値段」なのか、または「日頃の使い勝手(維持・管理)」なのかなど、どのような視点から見極めのポイントとするのかによって、求めるカギのタイプは違ってきます。

今回は「ピッキング対策」から、カギのタイプを見てみましょう。最近販売されているカギ製品は、「ピッキング」に10分以上かかります。5分以上はかかるようなタイプでないと安心はできません。シリンダーのカギ穴をドリルで穴を開けてしまう=破壊してしまう「ドリリング」には弱いタイプもあります。ドリリングは工作の際、音が結構するのと端から見て明らかに怪しいので、人の往来の少ない家にお住まいの方は、気にかけられた方がよいかと思います。鍵と錠のタイプで値段は割と高めですが、泥棒などの侵入者による被害があった場合、保険が下りるようになっている防犯性能の優れた錠前もあります。「防犯対策を完璧にしたい!」というような方は、ネットで「ピッキングを完全にブロック」と検索されては如何でしょうか、きっとお気に入りが見つけられると思います。

防犯面において、鍵穴が「タテ」は弱く「ヨコ」は強いと判断されている方がおられますが、勘違いです。鍵穴がヨコの方がセキュリティーレベルの高い製品が多いというだけですので、取り替えなどの際は、製品性能はきちんとチェックするようにしてください。

防犯性能の優れた最高峰のタイプは、鍵穴に鍵を差し込むタイプではなく「暗証番号タイプ」や「デジタルタイプ」です。製品にもよりますが自動的に施錠してくれますので、鍵のかけ忘れの心配もありませんし、キーが不要なので鍵の紛失もありません。ぜひご検討ください。 
参考:カギなくした
参考:空き巣にカギを壊された
参考:金庫鍵開け
参考:防犯情報メールについて/東村山市