自転車にかけるチェーンロックの防犯性はどこまで信頼できるのか

chain_lock最近の自転車は、マウンテンバイクやロードバイクなど随分高価な自転車も販売されています。従って、そうした自転車を盗難から守るということは、とても大切になってくるでしょうね。とくに最近では、自転車に標準装備されている鍵以外にも、様々な鍵が販売されています。そうした鍵の中でも、多くの方が利用しているのが、U字ブロックやワイヤータイプの鍵でしょうね。そのワイヤータイプの鍵の場合、100円ショップでも見かけますね。もちろん、たとえ100円で購入できるとは言っても、何せ金属製のワイヤーでできている頑丈な物でもあるので、ちょっと自転車を拝借しようか!といった泥棒に対してはかなり有効でしょうね。

その他の鍵についても、最近たまに見かけるのはチェーンロックですね。チェーンとは言っても金属製のクサリが自転車の鍵になっているというタイプではなく、丈夫なスティックのような物が連結されているような鍵になります。さすがにこのタイプの場合には、100円ショップでは販売されていませんが、アマゾンなどの通販サイトでは3000円程度の値段が付けられています。中には1万円を遥かに越えるような高級品も市場には数多く出回っているようなのです。

そんな自転車にかけるチェーンロックの防犯性はどこまで信頼できるのか?ということで、通販サイトの商品説明欄を閲覧してみると、スチール製のブレードが連結された構造になっているために、見かけとは違い随分と自転車泥棒には有効なようですね。しかも鍵のシリンダー部分は、ピッキングがしにくい構造になっているらしく、セキュリティー度はかなり高いと言うことができるでしょうね。また、高価なチェーンブロックにもなると、表面は樹脂製でできているので、自転車のフレームを傷つけることがないようなのです。おまけに、樹脂で表面がコーティングされているとは言うものの、中身はスチール製なので信頼できるようですね。